宅トレ

【宅トレ初心者向け】ヨガマットの選び方|3つのポイントを解説

こんにちは!

今回は宅トレ初心者さんにヨガマットの選び方を3つのポイントで解説していきます。

悩める女の子

宅トレでヨガマットって必要なのかな?
それに種類が多すぎて何を選んだらいいかわからないし!

誰かヨガマットについて教えて〜!

アドバイザー

その悩み私も経験があります…、でもご安心ください!

今回は宅トレ初心者さんに向けて、ヨガマットの必要性からヨガマット選びの3ポイントをしっかり解説していきます。

今回はこちらの内容で記事をすすめていきます。

記事内容
  • 宅トレにおけるヨガマットの必要性5つ
  • 厚さの種類と選び方
  • サイズの種類と選び方
  • 素材の種類と選び方

しっかりと解説していくので少しボリュームのある記事になっていますが、みなさまのお悩みを解決できるような記事になっていると思うので、ぜひ最後までご覧ください。

▼ おすすめのヨガマットまとめ記事はこちら!

何でヨガマットが必要なの?

悩める女の子

宅トレをする上でヨガマットやトレーニングマットって必要なの?

アドバイザー

結論、なくてもできちゃうんです!

でも絶対にあった方がいい理由があるので5つ紹介します!

ヨガマットの必要性5つ
  1. 硬い床から体を守ってケガを防止する
  2. ヨガポーズや筋トレのフォーム安定
  3. 床の冷えから体を守る
  4. 防音効果
  5. トレーニングから床を保護する

それではひとつずつご説明していきます。

硬い床から体を守ってケガを防止する

アドバイザー

何も敷いていない床でも運動はできますが、しっかり宅トレしたいと思うとマットなしでは体のあちこちが結構痛い…!

また運動中に滑ってケガをする可能性もあるので、マットがある方が安全に宅トレできます!

ヨガポーズや筋トレフォームの安定

アドバイザー

滑ると危ない動きや滑ってしまって力が分散してしまったり…
せっかくヨガや筋トレをしてもフォームが安定していないと効果的ではありません。

マットのグリップ力や滑り止め効果は宅トレには欠かせない要素のひとつなのです!

床の冷えから体を守ってくれる

アドバイザー

冷えは万病のもと。
体温が下がってしまうと免疫力が下がったり、心にも悪影響を及ぼすそう…。

せっかく健康のために運動を始めるなら、マットで冷えから体を守りましょう

防音効果

アドバイザー

騒音が気になって正しく体を動かせないと効果がなくなってしまったり、変なところに力が入ってしまって逆に体を痛めてしまうことだってあります。

マットには防音効果が多少あるので、思いっきりジャンプしたりしない限り騒音を気にせずしっかりと体を動かすことができるんです!

トレーニングから床を保護する

アドバイザー

ヨガでも筋トレでも床へのダメージは意外と蓄積していきます

トレーニング器具による床の劣化や、トレーニングの動きや汗による床の劣化を防ぐという意味でもマットは結構重要なんです!

ヨガマットの選び方|3つのポイントを解説!

「厚さ」の選び方

アドバイザー

ヨガマットの厚さは「薄め」「標準」「厚め」の主に3種類あってご自身の用途に合わせて選びます

それでは3つの厚さ毎の解説を始めましょう!

薄め(1~2mm)

こんな人にぴったり!
  • ジムや旅行など、コンパクトに持ち運びたい方
  • 収納場所に困らないように極力コンパクトなサイズがいい方
アドバイザー

筋トレや有酸素運動などのトレーニングもしっかり行いたい場合は薄すぎるマットだと体への負担を軽減できないのでおすすめしません。

標準(3~5mm)

こんな人にぴったり!
  • ヨガ初心者さん
  • コスパの良い商品がいい方
  • コンパクトに収納したい方
アドバイザー

適度なクッション性で持ち運びもできて収納も場所を取らないコンパクトさ、それでいて標準の厚さなので価格の安いものも多くバランスの良い厚さです!

厚め(6~12mm)

こんな人にぴったり!
  • 家だけで使うつもりの方
  • 身体の負担をしっかり軽減したい方
  • 筋トレや有酸素運動もしっかりしたい方
アドバイザー

厚さがある分かさばるし重さもあるので持ち運びには向かないけど、収納の場所を取ってしまうという点以外は宅トレに一番おすすめしたい厚さです!

「サイズ」の選び方

アドバイザー

ヨガマットは横幅が約61~80cm、長さが約173~185cmのものが主流です。

自分の体に合わせたり、動きやすさを重視したり、収納のことを重視したり…
サイズはご自身の用途やこだわりポイントで選ぶといいと思います!

今回は参考として4つのサイズをご紹介していきます。

61cm × 173cm(一般的なサイズ)

Amazonより画像引用
こんな人にぴったり!
  • 小柄〜平均身長くらいの方
  • ヨガ初心者さん
  • ジムや旅行に持ち運ぶことも視野に入れている方

80cm × 185cm(大きめサイズ)

Amazonより画像引用
こんな人にぴったり!
  • 身長が高めの方
  • ヨガ以外に筋トレや有酸素運動にも使いたい
  • 家だけで使用するが収納場所に困らないくらいのサイズがいい

120 × 180cm(約一畳分)

Amazonより画像引用
こんな人にぴったり!
  • トレーニング器具も使いたい
  • 収納はせずずっと敷いておくつもり
  • 筋トレや有酸素運動メインで行いたい

130 × 200cm(2人用)

Amazonより画像引用
こんな人にぴったり!
  • お子さんと一緒に運動したい
  • エアロビクスなど大きい動きの有酸素運動をしたい
  • 収納はせずずっと敷いておくつもり

「素材」の選び方

アドバイザー

正直、1番難しいのが素材選び。

たくさん種類があるし、どの素材にもメリットとデメリットがあるのでご自身にぴったりだと思ったものをお選びください!

それでは、主な7つの素材を解説していきます!

PVC(ポリ塩化ビニール)

Amazonより画像引用
  • クッション性に優れている
  • 価格が安い
  • 少し重い
  • グリップ力が弱め
アドバイザー

100均やホームセンターなどでも売っていて、おそらく1番よく目にするであろう素材。

「続くかわからないからとりあえず安いものがいい!」という方にはおすすめの素材です!

天然ゴム

Amazonより画像引用
  • 耐久性抜群
  • 安定した弾力
  • 重い
  • 高価
  • ゴムの匂いが強い
  • ゴムアレルギーの方は使えない
アドバイザー

天然のゴムから作られている素材でヨガ中級者〜上級者さんに人気な素材

本格的にヨガを始めたい方におすすめの素材です!

NBR(ニトリルゴム)

Amazonより画像引用
  • クッション性と耐衝撃性に優れている
  • ニオイが少ない
  • 軽量
  • 価格が安め
  • ゴムアレルギーの方は使えない
アドバイザー

耐衝撃性があるのでヨガだけでなく、騒音が気になる筋トレや有酸素運動などにもおすすめです!

TPE(熱可塑性エラストマー)

Amazonより画像引用
  • エコフレンドリーな素材
  • 軽量
  • 水拭きができて衛生的
  • クッション性が高いのでグリップ力には欠ける

アドバイザー

比較的新しくできたリサイクル可能(正しく廃棄することで)なエコ素材。

こちらもバランスが良い素材なので初心者さんにもおすすめです!

EVA樹脂(エチレン酢酸ビニールコポリマー)

Amazonより画像引用
  • 優れた弾力と耐久性
  • 水洗い可能
  • ジョイントマットに多い素材で少しかさばる
アドバイザー

よくサンダルの底に使われているような素材ですが、トレーニングにもぴったりな素材なんです。

ヨガもするけど、筋トレや有酸素運動をメインでしたいという方におすすめ

コルク

Amazonより画像引用
  • 汗を吸収してくれる
  • 半永久的に抗菌消臭効果が持続する
  • 断熱効果
  • 心地よい質感
  • 商品の数が少ない
  • 高価
  • 重い
アドバイザー

コルクと天然ゴムが使われているエコフレンドリー素材。

ヨガ中級者〜上級者に人気で、1年中快適に使える素材だと思います!

Amazonより画像引用
  • 優れた空気清浄力と消臭効果
  • 精神を安定させる、い草の香り
  • 衝撃に弱い
  • 湿度の高い場所での保管はカビ発生の恐れあり
  • 高価
アドバイザー

ストレッチやヨガ向けの素材。

ゴムの匂いがどうしても苦手な方やヨガ中級者〜上級者さんにおすすめです!

\Amazonタイムセール祭り!/
Amazon

まとめ

ヨガマットの選び方

〈厚さ〉

  • 薄め(1~2mm)| 持ち運びに便利
  • 標準(3~5mm)| 初心者さんにおすすめ
  • 厚め(6~12mm)| 筋トレ・有酸素運動もしたい

〈サイズ〉

  • 61 × 173cm | 一般的なサイズ
  • 80 × 185cm | 広めサイズ(男女ともに人気)
  • 120 × 180cm | 約一畳分・筋トレや有酸素運動向き
  • 130 × 200cm | 2人用サイズ・さらに広々タイプ

〈素材〉

  • PVC(ポリ塩化ビニール)| 1番多くて安価な素材
  • 天然ゴム | 耐久性・弾力ばっちり・高価
  • NBR(ニトリルゴム)| 軽量・安価・ニオイ少ない
  • TPE(熱可塑性エラストマー)| 軽量・お手入れ楽チン
  • EVA樹脂(エチレン酢酸ビニールコポリマー)| 筋トレ・有酸素運動がしたい
  • コルク | 抗菌消臭効果・質感良い・高価・重い
  • 畳 | 空気清浄・消臭・ヨガ向け・高価
アドバイザー

最後までご覧いただき、ありがとうございます!
本記事がみなさまのお役に立てれば幸いです。

みなさんの宅トレが楽しくなりますように。

それでは他の記事でまたお会いしましょう!

▼ 他のおすすめダイエットグッズはこちら!